【京都】大原(おおはら)・貴船(きぶね)・鞍馬(くらま)エリアのおすすめ観光スポット10選

19/01/2020

大原・貴船・鞍馬エリアの特徴

大原・貴船・鞍馬エリアは数多くの寺院が点在するエリアです。

自然に囲まれたエリアなので空気が澄んでおり、気持ちよく散策することができます。桜の名所や紅葉の名所が多いので、特に春や秋に訪れるのがおすすめです。また、冬は「くらま温泉」の露天風呂につかりながら、雪化粧した山々を優雅に眺めるのも良いでしょう。

これから紹介する観光スポットの場所は、この記事の一番下にある地図でご確認ください。

1.【大原】三千院(さんぜんいん)

三千院は元々「比叡山(ひえいざん)」に創建されましたが、その後たびたび移転しました。大原にある現在の三千院は、1871年に建てられたものです。紫陽花(あじさい)や紅葉が有名で、自然と調和した造りが特徴的な寺院です。

三千院は声明(しょうみょう)と呼ばれる仏教聖楽が盛んに行われた場所としても有名で、850年もの歴史を持つ「御懺法講(おせんぼうこう)」と呼ばれる儀式では、声明と雅楽(ががく)の厳かな調べが境内に響き渡り、心を洗い流してくれます。

土産物屋では三千院でしか買えない「三千院香」というお香が売られており、原料に使われている沈香(じんこう)の香りが心を穏やかにさせてくれます。また、周辺には茶屋やカフェなどの飲食店も多いので、小腹が空いたり散策に疲れたりした際にも安心です。

住所京都府京都市左京区大原来迎院町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはららいこういんちょう)540
営業時間9:00~17:00(11月 8:30~17:00、12月~2月 9:00~16:30)
定休日無休
入場料一般 700円、中学生・高校生 400円、小学生 150円
URLhttp://www.sanzenin.or.jp/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「大原」で下車
京都市営地下鉄 烏丸(きょうとしえいちかてつ からすま)線 国際会館(こくさいかいかん)駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
叡山電鉄 叡山本(えいざん でんてつ えいざんほん)線 出町柳(でまちやなぎ)駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口(やせ ひえいざんぐち)駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
備考団体客向けの「写経(しゃきょう)体験コース」あり

2.【大原】宝泉院(ほうせんいん)

声明の専門道場として創建された歴史を持つ寺院です。その歴史を表すように境内には声明が流れており、厳かな風景と相まって思わず身が引き締まります。拝観料には抹茶料金も含まれており、美しい庭園を眺めながら本格的なお茶を楽しむことができます。

宝泉院には、「盤桓園(ばんかんえん)」「宝楽園(ほうらくえん)」「鶴亀(つるかめ)庭園」という3つの庭園があります。中でも盤桓園が特に人気で、書院の中から見ると柱と鴨居で庭園が長方形に区切られ、その様がまるで額縁に入った絵画のようであることから、「額縁の庭」とも呼ばれ愛されています。

また、庭にそびえる樹齢約700年の「五葉の松」も有名で、京都市の天然記念物に指定されています。

住所京都府京都市左京区大原勝林院町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはらしょうりんいんちょう)187
営業時間9:00~17:00(受付は16:30まで)
定休日無休
入場料大人 800円、中学・高校生 700円、小学生 600円
※抹茶・お菓子付き
URLhttp://www.hosenin.net/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「大原」で下車
叡山電鉄 叡山本線 出町柳駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口(やせ ひえいざんぐち)駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
京阪電鉄 京阪本(けいはんでんてつ けいはんほん)線 祇園四条(ぎおん しじょう)駅から京都市営バス「17系統」に乗車、「大原」で下車
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
備考毎年、春(4月~5月)と秋(11月~12月)の夜に「夜灯り」を開催

3.【大原】実光院(じっこういん)

実光院は三千院の北にある寺院で、さまざまな花を観賞できる場所として知られています。特に有名なのが「不断桜(ふだんざくら)」で、3月~4月ごろまでしか咲かない一般的な桜とは違い、10月~4月ごろまで長く咲くのが特徴です。

また、秋にほかの木々が紅葉すると、贅沢にも紅葉と桜を同時に楽しむことができます。ほかにも、季節に応じてフクジュソウ、カタクリ、アキカイドウ、シャクナゲといった花々を楽しむこともできます。

上品な客殿や洗練された庭園と一緒に眺めれば、必ず思い出に残るひとときを過ごせることでしょう。

住所京都府京都市左京区大原勝林院町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはらしょうりんいんちょう)187
営業時間9:00~16:00(11月は9:00~16:30)
定休日無休
入場料中学生以上 700円、小人 300円
※抹茶・茶菓子付き
URLhttp://www.jikkoin.com/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「大原」で下車
叡山電鉄 叡山本線 出町柳駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
京阪電鉄 京阪本線 祇園四条駅から京都市営バス「17系統」に乗車、「大原」で下車
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
備考団体のみ要予約

4.【大原】勝林院(しょうりんいん)

勝林院は、835年に声明の道場として創建された寺院です。

1186年に行われた「大原問答(おおはらもんどう)」において、「法然(ほうねん)」という著名なお坊さんが、念仏によって極楽浄土へ往生できると主張をしたところ、本尊の阿弥陀如来が光を放ち、その主張が正しいことを証明したという伝説が残っています。

この伝説から、勝林院は「問答寺(もんどうでら)」や「証拠堂」という別名でも呼ばれるようになりました。勝林院には現在も伝説の元となった阿弥陀如来像が安置されており、その黄金の姿を拝むことができます。

住所京都府京都市左京区大原勝林院町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはらしょうりんいんちょう)187
営業時間09:00~16:00(11月は9:00~16:30)
定休日無休
入場料中学生以上 700円、小人 300円
※抹茶・茶菓子付き
URLhttp://www.jikkoin.com/index.php?data=./data/l9/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「大原」で下車
叡山電鉄 叡山本線 出町柳駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
京阪電鉄 京阪本線 祇園四条駅から京都市営バス「17系統」に乗車、「大原」で下車
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
備考団体客のみ要予約

5.【大原】大原工房

大原工房は、自家栽培の藍(あい)や茜(あかね)を使って草木染め行う紡染織工房です。ショールやマフラー、帽子、鞄など、さまざまな製品を製造販売しています。草木を使っているので風合いが優しく、どんなファッションにも合わせやすいのが特長です。

大原工房では体験教室も開いており、実際に織ったり染めたりすることができます。三千院に訪れた際には、ぜひ立ち寄ってください。

住所大阪府大阪市左京区大原草生町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはらくさおちょう)327
営業時間9:00~17:00
定休日水曜日
入場料1,000円~20,000円
URLhttp://www.ohara-koubou.net/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「大原」で下車
叡山電鉄 叡山本線 出町柳駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
京阪電鉄 京阪本線 祇園四条駅から京都市営バス「17系統」に乗車、「大原」で下車
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
備考徒歩10分とのころにある別館で、展示会を不定期で開催
体験教室は要予約

6.【大原】寂光院(じゃっこういん)

寂光院は、平清盛(たいらの きよもり)の娘である「平 徳子(たいらの とくし)」が隠棲した地として、いまから700年ほど前の文学作品「平家(へいけ)物語」に記述されたことで有名な寺院です。

「四方正面(しほうしょうめん)の池」や「汀(みぎわ)の池 」などの美しい池が特徴です。

また、鳳智松殿(ほうちしょうでん)では平家物語由来の宝物を観賞することができ、さらに一角のミュージアムショップでは寂光院や平家物語に関連する土産物などを買うこともできます。

住所京都府京都市左京区大原草生町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはらくさおちょう)676
営業時間9:00~17:00
9:00~16:30(12月1日~12月31日)
10:00~16:00(1月1日~1月3日)
9:00~16:30(1月4日~2月29日)
定休日無休
入場料高校生以上 600円、中学生 350円、小学生 100円
URLhttp://www.jakkoin.jp/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「大原」で下車
叡山電鉄 叡山本線 出町柳駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
京阪電鉄 京阪本線 祇園四条駅から京都市営バス「17系統」に乗車、「大原」で下車
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「大原」で下車
備考寂光院~勝林院までを「大原女(おはらめ)」の格好をした女性たちが練り歩く「大原女(おはらめ)時代行列」を毎年5月ごろに開催。

7.【大原】里の駅 大原

「里の駅 大原」は、どちらかと言えば観光客よりも地元客に人気の場所で、知る人ぞ知る穴場観光スポットです。地場産の新鮮な野菜や、加工品を購入することができます。

「里の駅 大原」の目玉はなんと言っても、毎週日曜日に開催される「日曜ふれあい朝市」です。取れたてのおいしい野菜を使った料理をぜひ味わってみてください。さらに、「もちの館」ではとろとろ食感のお餅を味わうこともできます。

住所京都府京都市左京区大原野村町(きょうとふ きょうとし さきょうく おおはらのむらちょう)1012
営業時間旬菜市場(産直品販売) 9:00〜17:00
花むらさき(レストラン) 9:00〜16:00(日曜は7:30〜16:00)
日曜ふれあい朝市 6:00〜9:00(日曜限定)
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料無料
URLhttps://www.satonoeki-ohara.com/
アクセスJR京都駅から京都市営バス「17系統」「18系統」に乗車、「野村別(のむらわか)れ」で下車
叡山電鉄 叡山本線 出町柳駅から京都市営バス「17系統」に乗車、または八瀬比叡山口駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「野村別れ」で下車
京阪電鉄 京阪本線 祇園四条駅から京都市営バス「17系統」に乗車、「野村別れ」で下車
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都市営バス「19系統」に乗車、「野村別れ」で下車
備考春(4月)と秋(12月)に感謝祭を開催

8.【貴船】貴船神社(きふねじんじゃ)

貴船神社は、古くより縁結びの神社として名高い神社です。平安時代の女流歌人「和泉式部(いずみ しきぶ)」が、仲の上手くいっていない夫のことを想い歌を詠むと、どこからともなく慰めの返歌が響き、その後ほどなくして願いが聞き届けられて、夫婦仲が円満になったという伝説があります。

美しい灯籠が有名で、本宮~奥宮までの街道沿いに無数の灯篭が並んでいます。なかでも、本宮表参道にずらっと並んだ春日(かすが)灯籠の光景は圧巻で、灯籠の淡い光が暗闇の中を点々と伸びていく様はとても幻想的です。特に秋の夜の美しさは別格で、ほのかに光る灯籠とライトアップされた紅葉を見上げると、まるで異世界に迷い込んだかのような錯覚を覚えます。

夕暮れ時に訪れ、参道沿いの土産物屋を周った後に茶屋で一服し、暗くなってきたら参道を上がっていくというプランがおすすめです。一度見れば二度と忘れることのできない幻想的な風景を、ぜひお楽しみください。

住所京都府京都市左京区鞍馬貴船町(きょうとふ きょうとし さきょうく くらまきぶねちょう)180
営業時間6:00~20:00(5月1日~11月30日)
6:00~18:00(12月1日~4月30日)
※授与所(じゅよしょ)は9:00~17:00(通年)
定休日無休
入場料無料
URLhttp://kifunejinja.jp/
アクセス叡山電鉄 鞍馬(えいざんでんてつ くらま)線 貴船口(きぶねぐち)駅から京都バス「33系統」に乗車、「貴船」で下車
備考春日灯籠の点灯は夕刻~20:00まで

9.【鞍馬】鞍馬寺(くらまでら)

鞍馬寺は、平安時代後期の武将で、後に鎌倉幕府を始めた「源頼朝(みなもとのよりとも)」の弟、「源義経(みなもとのよしつね)、幼名 牛若丸(うしわかまる)」が子供の頃に修行した場所として有名で、大天狗「鞍馬(くらま)天狗」の伝説でも知られています。

入り口のところには、真っ赤な顔に長い鼻が特徴の天狗モニュメント「大天狗」が鎮座し、訪れた人々を歓迎してくれます。仁王門や本殿金堂などの伝統的な建築物のほか、鞍馬山博物館では国宝「毘沙門天(びしゃもんてん)像」などを鑑賞することもできます。

なお、鞍馬寺は山中に建てられているため、気軽に出入りできません。入り口の仁王門付近には食事処があるので、先に小腹を満たしておくことをおすすめします。また、鞍馬寺の門前町で売られている「木の芽煮(きのめだき)」は鞍馬の名物なので、ぜひお土産にお買い求めください。

住所京都府京都市左京区鞍馬本町(きょうとふ きょうとし さきょうく くらまほんまち)1074
営業時間9:00~16:30
定休日無休
入場料一般 300円、中学生以下 無料
URLhttp://www.kuramadera.or.jp/
アクセス叡山電鉄 鞍馬線 鞍馬駅
備考ケーブルカー利用可能

10.【鞍馬】くらま温泉

鞍馬山の山間部にあるくらま温泉は、硫化水素泉の天然温泉で、神経痛、リウマチ、糖尿病、美肌、腰痛などに効果があります。1回だけ入浴できるプランや日帰りで何度も入れるプラン、宿泊プランなどさまざまなプランが用意されています。

澄み切った空気を味わい、大自然を眺望しながら入る露天風呂は心も体もいやしてくれるでしょう。鞍馬寺の山登りで疲れた体を癒やすのには最適です。また、食事が美味しいことでも知られ、名物の鴨鍋はやみつきになる味です。

住所京都市左京区鞍馬本町(きょうとふ きょうとし さきょうく くらまほんまち)520
営業時間10:30~21:00(受付は20:20まで)
定休日無休
入場料大人 1,000円、子供 700円
URLhttp://www.kurama-onsen.co.jp/
アクセス京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から京都バス「52系統」に乗車、「鞍馬温泉(くらまおんせん)」で下車
叡山電鉄 鞍馬線 鞍馬駅から無料送迎バスに乗車
備考宿泊プランは要予約

まとめ

今回は大原・貴船・鞍馬エリアについてご紹介しました。

大原には三千院を初めとする美しい寺院が点在し、貴船には幻想的な灯籠が特徴的な貴船神社が、そして鞍馬には天狗で有名な鞍馬寺やくらま温泉などがあります。

京都市内からは少し距離が離れていますが、どの観光スポットも行って損のない場所ばかりですので、ぜひ行き先リストに加えてくださいね。