日本の妖怪「天狗(てんぐ)」

19/01/2020

妖怪(ようかい)とは、昔の日本で信じられていた「不思議なものごと」を指します。「妖(あやかし)」や「物の怪(もののけ)」とも言います。日本古来の信仰はアニミズムに基づいていて、人の力の及ばない自然現象を「神」として、肯定的に受け入れました。

しかし一方で、昔の日本人は「否定的」で「不思議なものごと」を「妖怪」と考え、不都合なことはすべて「妖怪の仕業」とすることにしました。

天狗(てんぐ)の由来

「天狗」という言葉は、もともと中国で災いをもたらすとされていた犬のことを指しました。地表近くまで来て爆発した流星を犬に見立て、その爆発音を犬の鳴き声と考えたのです。

日本の文献に天狗がはじめて登場するのは7世紀前半ごろ。轟音を立てる流星を見て驚く都の人々に、中国からの留学生が「あれは天狗だ」と教えたのが最初です。しかしそれ以降、日本で流星を「天狗」と呼ぶことはありませんでした。

日本での天狗

9世紀に入ると、日本に密教(みっきょう)が入ってきました。密教の教えに含まれる「星への信仰」と、流星である「天狗」が半ば無理やり結び付けられました。やがて天狗は、仏教と神道が融合した宗教「修験道(しゅげんどう)」に取り入られます。

修験道の修行者である「山伏(やまぶし)」が傲慢になって貪欲になると、死後に魔界に落ちて天狗になるという教えがありました。山伏の修行の場は山であったため、平地に住む人々が山で起きる怪異な出来事を恐れて「天狗の仕業だ」と考えるようになりました。

このように天狗は元々山伏だったため、山伏の衣装を身に着け、顔は赤くて鼻が長く、翼が生えて空を飛んでいる姿でよく描かれます。最大の特徴は長い鼻にあり、日本では長い鼻を持つ動植物に「○○テング」や「テング○○」と名付けることがしばしばあります。ちなみに、下の写真は鼻が大きく伸びることが特徴的な「テングザル」です。

また日本語では、得意げに自慢ばかりしている人を指して「天狗になる」と表現することもあります。元々は、山伏が傲慢になると天狗になると考えられていたことから来た表現です。日本のマンガやアニメのギャグシーンで、得意げになってる人物の鼻が伸びる様子がときどき出てきますが、これにはこうした由来があるわけです。

天狗の仕業とされたもの

「真夜中に木を切り倒す音」「風もないのに山小屋がゆれる」「どこからともなく聞こえる笑い声」「どこからともなく石が飛んでくる」といった超常現象や、山中での行方不明や事件、事故も天狗の仕業と考えられました。

一方で天狗は、さらった子供に叡知を与えて親元に返したり、山中で道に迷った善人を助けたりすることもあります。そのように、人間にとって利益を与える天狗には固有名詞があり、神社で祀られています。

天狗を祀る神社

固有名詞のある天狗は、有名なものだけでも48人いて、日本を代表する山々に住んでいます。富士山に住むという「富士山太郎坊(ふじさんたろうぼう)」や、鳥取(とっとり)県の大山(だいせん)に住むという「伯耆坊(ほうきぼう)」などが有名です。そして、それらの頂点に立つのが、京都の愛宕(あたご)山に住むという「たろうぼう」です。

愛宕山には、昔から「防火の神」がいると言われていましたが、そこに住む太郎坊は、修験道の開祖である「役小角(えんの おづの)」と出会った天狗でもありました。そのため、愛宕山は強い信仰の対象となり、修験道の聖地となりました。愛宕山の山頂には愛宕神社があります。この愛宕神社が、日本全国に数多くある愛宕神社の総本社となります。

名称京都愛宕神社
ウェブサイトhttp://atagojinjya.jp/
電話番号075-861-0658
住所京都市右京区嵯峨愛宕町(きょうとし うきょうく さがあたごちょう)1
地図

 

「愛宕神社」や「愛宕山」は日本各地に約900以上もあります。東京都港区にある愛宕神社や福岡県にある鷲尾(わしお)愛宕神社は、数ある愛宕神社の中でも特に重要な分社です。

名称愛宕神社
ウェブサイトhttp://www.atago-jinja.com/
電話番号03-3431-0327
住所東京都港区愛宕(とうきょうと みなとく あたご)1-5-3
地図

 

名称鷲尾愛宕神社
ウェブサイトhttp://atagojinjya.com/
電話番号092-881-0103
住所福岡県福岡市西区愛宕(ふくおかけん ふくおかし にしく あたご)2-7-1
地図

 

日常生活の中で「天狗」の存在を意識することは、いまではほとんどなくなりました。でも、得意げに自慢ばかりする人を日本では「天狗」と呼ぶことを思い出してください。日本人は、誰もが自分の中に小さな「天狗」を持っていることを意識しています。そしてその天狗が大きくならないようにと、ときどき自分を戒めます。日本人の人生観に、「天狗」は確実に影響を与えているのです。