おススメの日本みやげ「百人一首(ひゃくにんいっしゅ)」

19/01/2020

日本を訪れた時、何をおみやげに買いますか? 和菓子や雑貨、文房具や着物などが人気ですが、日本の文化に興味がある人におススメしたいのが「百人一首(ひゃくにんいっしゅ)」というカードゲームです。

百人一首とは、元々は12世紀に作られた和歌集で、7世紀から12世紀までの代表的な人物100人による、傑作の和歌100個をまとめたものです。この和歌集を元にカードゲームが作られました。このカードゲームは、子どもの頃に多くの日本人が経験していて、和歌の学習に利用したり、百人一首の競技大会が開かれたりしています。

和歌とは、日本古来の定型詩で、皇族や貴族のたしなみでした。5文字、7文字、5文字、7文字、7文字のリズムで綴られています。5・7・5の部分を「上の句(かみのく)」といい、7・7の部分は「下の句(しものく)」といいます。ちなみに上の句だけで作られる詩を、「俳句(はいく)」と言います。

百人一首の基本的なルール

カードゲームである百人一首は、イラストと和歌が描かれた「絵札(えふだ)」と、ひらがなで下の句だけが書かれた「字札(じふだ)」があります。次のような手順で行います。

1.字札をランダムに並べ、絵札は裏返したまま適当に順番を入れ替えて重ねておきます。
2.1人が絵札の束の上から1枚のカードを引いて、上の句だけを読み上げます。
3.それに対応する字札を他のみんなが早い者勝ちで取ります。最終的に一番多く取った人の勝ちです。

やり方をわかりやすく説明した動画がありました。よろしければ、以下もご覧ください。

これは基本的なルールですが、取り合う札(字札)と読み上げる札を逆にしたり、チーム戦にしたりと、さまざまな遊び方ができます。

百人一首をおススメする理由

百人一首をおススメするのには、3つの理由があります。

1.日本らしさを感じる美しいイラスト

百人一首の絵札に描かれているのは、和歌と、その和歌を詠んだ人の絵です。みな日本古来の衣装を着けているので、日本文化に興味がある人は、イラストを眺めるだけでも楽しいでしょう。

また古風なイラストだけでなく、イラストレーターが現代風に描いたものだったり、人気漫画やアニメキャラクターで描かれたりしたものもあります。

2.日本語学習の役に立つ

絵札に描かれている和歌には漢字が混じっていますが、字札はすべてひらがなです。基本ルールの方で遊ぶ場合、100個の和歌をすべて暗記しておかないと難しいですが、字札を読み上げて絵札を選ぶルールなら、ひらがなと簡単な漢字の学習に役立ちます。

また、和歌を読み上げてくれるCDが付属する百人一首もあり、それをランダム再生する方法もあります。読み上げCDには、日本の人気声優が読み上げているものもあります。

CDが付属していなくても、日本語で「百人一首 読み上げ」のキーワードで検索すると、読み上げてくれるアプリや動画もいくつかあります。そのうちのひとつを以下に紹介します。

3.日本文化の理解に役立つ

百人一首に選ばれている100人は、1人1人が実在した歴史上の人物です。あなたが和歌の意味を知りたいと思った時は、ぜひその和歌を詠んだ人のことも調べてみてください。その和歌が作られた背景を知れば、当時の人たちが何を美しく思い、何を悲しく思っていたのかが分かるでしょう。

日本語で「百人一首 英訳」といったキーワードや、英語で「Poem card game」といったキーワードで検索すれば、百人一首の和歌を英語に翻訳しているページが多数見つかりますので、理解の参考になるでしょう。

ちなみに百人一首の人物で、「天智(てんじ)天皇」や初めてベトナムに住んだ日本人「阿倍仲麻呂(あべの なかまろ)」「後鳥羽院(ごとばいん)」については、すでに紹介しました。参考にしてみてください!

百人一首が買える場所

百人一首は、空港や観光地の「お土産屋」にはあまり置かれていないかもしれません。しかし、街中やデパートのおもちゃ屋、大きな書店、文房具屋などで売っている場合があります。CDショップに行くと、CD付きの百人一首があるかもしれません。

また、百人一首と似た日本古来のカードゲームに「カルタ」があります。こちらは字札に日本のことわざが書かれていて、絵札にはそのことわざを表した絵と、最初の1文字がひらがなで書かれています。百人一首と同じように、字札を読み上げて絵札を取り合います。

百人一首は100枚×2に対して、かるたは52枚×2なので値段も安価です。またバリエーションも豊富で、ことわざだけではなく、日本の地理や偉人の名言、漫画やアニメにちなんだものなどもあります。

百人一首やカルタで、楽しく日本語を学びましょう!